▶【お役立ち情報】キャリアアップ助成金(正社員化コース)について

2018年02月15日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …平成30年度から要件が追加される予定です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「キャリアアップ助成金(正社員化コース)」は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者等の非正規雇用労働者を正社員等に転換させる取組を支援する助成金です。

平成30年度からは支給申請の上限人数の拡充や支給要件の追加が行われる予定です。

もし、有期契約労働者等の正社員化をお考えで、追加予定の支給要件を満たすことが難しいようであれば、3月までに正社員に転換する等の対応が必要になるかもしれません。

変更内容の概要をみておきましょう。

■支給申請上限の拡充
平成30年4月から、以下の(1)から(3)を合わせた1年度1事業所あたりの支給申請上限人数が15人から20人に拡充される予定です。
※( )内は生産性要件を満たす場合の金額です。

(1)有期契約労働者等を正規雇用労働者にする場合
中小企業:1人あたり57万円(72万円)
大企業:1人あたり42万7,500円(54万円)

(2)有期契約労働者等を無期契約労働者にする場合
中小企業:1人当たり28万5,000円(36万円)
大企業:21万3,750円(27万円)

(3)無期契約労働者を正規雇用労働者にする場合
中小企業:1人当たり28万5,000円(36万円)
大企業:21万3,750円(27万円)

■支給要件の追加
次の要件が追加される予定です。

(1)正規雇用等へ転換した際、転換前の6ヶ月と転換後の6ヶ月の賃金総額を比較して5%以上増額していること。
※賞与や諸手当を含む総額で比較します。ただし、 諸手当のうち、通勤手当、時間外手当(固定残業代を含む。)及び歩合給などは除きます。

(2)有期契約労働者からの転換の場合、対象労働者が転換前に事業主で雇用されていた期間を3年以下に限ること。

有期契約労働者を正社員に転換させることを考えているが、一気に5%の賃上げは難しい、あるいは長く有期契約で雇用している社員を正社員に転換させることを予定している場合は、早めに対応して助成金の活用を検討されてはいかがでしょう。

詳しくは厚生労働省のホームページをご確認ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 


〇補助金、助成金に関するご相談は銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ