▶【お役立ち情報】研究開発助成金の募集開始について

2018年04月12日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …新技術・新製品等の研究開発費
  に利用できる助成金です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「研究開発助成金」の募集が始まりました。
この助成金は、公益財団法人三菱UFJ技術育成財団が、技術指向型の中小企業を育成する事業の一環として、ベンチャー企業が行う新技術・新製品等の研究開発費の一部を助成するというものです。
他の多くの助成金は助成の対象となる費用を支払った後に支給されますが、この助成金は交付決定時に先払いしてくれます。
創業あるいは新規事業進出後5年以内の方はご検討ください。

概要をみておきましょう。

■応募資格
設立または創業後もしくは新規事業進出後5年以内の中小企業または個人事業者で、優れた新製品、新技術を自ら実施しようとする具体的な計画を持っている者が対象です。

■助成対象プロジェクト
技術水準から見て新規性のある機械、システム、製品等の開発で、2年以内に事業化が可能なプロジェクトが対象です。

■助成対象費用
新技術、新製品等の研究開発資金、およびその成果の事業化に必要な調査研究費、設備費、試験費、試作費等が対象です。

■助成金の金額
次のいずれか少ない方の金額が交付決定と同時期に全額交付されます。
(1)1つのプロジェクトにつき300万円以内
(2)研究開発対象費用の1/2以下

■選考基準
次の要件を総合的に審査して選考されます。
(1)プロジェクトの新規性、市場性
(2)プロジェクトの実現可能性
(3)経済・社会への貢献内容など
※他の助成金を受けていることは審査に影響を与えませんので併願も可能です。

■その他
助成金の交付を受けた事業が事業化されて成長が見込める場合には、この財団が500万円以内で株式を保有することにより更なる支援を受けることも可能です。

■応募期間
平成30年4月1日から平成30年5月31日
(交付の決定は平成30年9月頃の予定です。)

応募要項等の詳細は、三菱UFJ技術育成財団のホームページからご確認ください。
http://www.mutech.or.jp/subsidy/

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 


〇補助金・助成金に関するご相談は銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ