▶【お役立ち情報】両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)について

2018年12月20日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …出産等の理由で退職した人の再雇用をお考えの方はご検討ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)は、妊娠、出産、育児または介護を理由として退職した人が、就業が可能になった時に復職でき、適切に評価されて配置・処遇される再雇用制度を導入し、再就職を希望する人を採用した事業主に支給される助成金です。

人材不足といわれるこの時代、正式な社内制度としてではなくても、人員を補充するために過去に雇用していた人に求人の声をかけるということは、すでに多くの企業で行われていることかも知れません。

退職者の再雇用をお考えの方は、この助成金を活用して再雇用制度を社内制度として導入してみてはいかがでしょう。
また、すでに何らかの再雇用制度を導入している事業主であっても、助成金の要件に沿った制度に改正すれば対象となります。
ご検討ください。

概要をみておきましょう。

■支給要件
次の二つの要件を満たす必要があります。

(1)再雇用制度の導入
妊娠、出産、育児または介護を理由とした退職者について、退職前の勤務実績等を評価し、処遇の決定に反映させることを明記した再雇用制度を導入する。

(2)無期雇用者としての再雇用
退職後1年以上経過している対象労働者を、再雇用制度にもとづき再雇用し、無期雇用者として6か月以上継続雇用する。
※当初は有期契約労働者として再雇用した場合も、採用後1年以内に無期雇用に切り替えて継続雇用すれば対象となります。

■対象労働者
次のような要件を満たす労働者が対象となります。
(1)退職理由と再雇用の希望を申し出ていたことが書面で確認できること。
(2)退職前に雇用保険被保険者として1年以上雇用されていたこと。
(3)再雇用日において、退職日の翌日から起算して1年以上経過していること。

■支給額
継続雇用6か月後と継続雇用1年後の2回に分けて、次の金額の半額ずつが支給されます。
※( )内は生産性要件を満たす場合の金額です。

(1)再雇用1人目
・中小企業:38万円(48万円)
・中小企業以外:28.5万円(36万円)

(2)再雇用2人目から5人目
・中小企業:28.5万円(36万円)
・中小企業以外:19万円(24万円)

詳しくは下記のパンフレットをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/000343907.pdf

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 


〇補助金・助成金に関するご相談は銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ